高齢者擬似体験研修プログラム

インスタント・シニア

シニア体験で気づく高齢者の身体、心。高まる共感力。

総務庁統計局によれば、日本の高齢者(65歳以上)の人口は3514万人で、総人口の27.7%を占めます。1950年の4.9%以降、一貫して上昇が続いています。

高齢社会というとネガティブにとらえられがちですが、必ずしもそうではありません。日本の多くの高齢者が元気にアクティブに活躍中です。今後、高齢者の活躍は社会からますます要請されているでしょう。

高齢社会は成熟社会でもあります。日本ウエルエージング協会は、「生涯元気に生きて、人の手を煩わせることなく自立して生ききる」を活動コンセプトに、誰にとっても暮らしやすい社会の実現を目指します。その一環として、高齢者擬似体験研修プログラム インスタント・シニア を主催しています。誰もが安心して使える社会インフラの整備、製品やサービスの開発に役立つプログラムです。

詳しくはーー

事業内容

高齢者擬似体験研修プログラム

インストラクター資格認定

をご覧ください。